夏の名残り②

懸賞 2017年 09月 15日 懸賞


駅前のファンシーショップでわざわざ小瓶を買って
ダイブツちゃんで遊んでみた。
あの子は素直で面白い。

小瓶は本当に小さくて、俺の小指より小さい。

それは2コ100円だったから、2個買って
1つにいちごのかき氷シロップ。
1つにブルーハワイのシロップを入れた。

ダイブツちゃんはピンクを選んで
ブルーハワイが手元に残った。

「白木くん!」

帰ろうとした俺に乃恵ちゃんが声をかけて
「桃ちゃんにフェロモンの液をあげたんですって?」
と楽しそうに聞いて来る。
「ああ。乃恵ちゃんにもあげようか?」
ポケットからブルーハワイの小瓶を取り出した。
「綺麗。桃ちゃんのはピンクだったわ!」
あの子は、ナイショですよ?と言いながらみんなに見せるタイプだな・・・
そう思って可笑しくなった。

「色々な色があるんだ。乃恵ちゃんにもあげるよ。
岡部先輩にかがせればいいよ」

「ううん。私より白木君が持ってて」
「え・・・」
「白木くん、好きな人が出来たらかがせればいいわ」
「・・・・」
「大丈夫。初めはその効果でも白木くんのことを知れば誰でも白木くんを好きになるわ!」
「誰でも・・・?」
「うん。誰でもよ!」

「そうだといいな」
俺は苦笑いしか返せなくて。
上手く笑えなくてごめん。

「上手く行ったら教えてね~!」
そう言ってキミは笑いながら俺を置き去りにする。

キミに、好きになってほしいんだけど。

「これ、乃恵ちゃんにかがせればよかった・・・」

小さい小瓶を太陽にかざすとキラキラと反射して
ブルーハワイの綺麗な色が光り輝いた。

「好きな子見つけるかぁ~」

無理だけど。
無理だけど、声に出して言ってみる。

無理だけど・・・


END****




[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2017-09-15 14:19 | ・あなた~you~ | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 「5センチの景色」完結と超短編次回作   お詫びと訂正! >>