本気の彼女

懸賞 2018年 06月 28日 懸賞

「光先輩!夏休みになったら、サークルで海に行きませんか?」

ワクワクした顔で『いい事思い付きました!』みたいにこっちを見る。

「あのさ?夏休みの計画はこのレポート仕上げたら言えば?」

桃花は苦手な授業のレポートに四苦八苦している。

「て、手伝ってください!」
「はぁ?意味ねーだろ」

この教授のレポートはめんどくさくて有名だ。

「あ~。俺行きたいな」

横でエントリーシートの入力をしている白木が答える。
「俺たち就活だろ」
「夏休み前には終わんだろ」
白木はそう呑気に答えて、薄いノートPCを閉じた。

「行きたいです!行きたいです!来年は光先輩は社会人だし
きっと、大手とは名ばかりの夏休みもろくに取れないブラック企業でお盆時期も企業の歯車です!」
「桃花・・・縁起悪いこと言うな!」

白木はそんな俺たちの会話に大笑いで
「海に行きたいよな?」
「行きたいです!」
こいつはいつも桃花の味方をする。

「良いじゃん。海ぐらい」
そうニヤケて笑うけど、こいつは俺の考えが丸分かりの様で・・・
「それとも海に行きたくない理由があんの?」
「・・・」
性格悪い奴だな~

「え!光先輩泳げないんですか?」
「泳げるわ!」
「斉藤は泳げるのに行きたくないんだぁ~?なんで~?」

尚も白木は笑い続ける。

「俺、ドリンクバー」
そう言って席を立って、その場を離れると
白木は声を大きくして笑った。

「桃花ちゃん、斉藤は桃花ちゃんの水着姿をサークルのメンバーに見せたくないんだってさ」
「えぇぇ!」
「男心分かってやんなよ」

「余計な事言うんじゃねーよ」
白木は本当に一言多い。

「じゃ、じゃぁ、BBQならいいですかっ!」
「あ?」
「BBQなら一緒に行ってくれますか?」
「あー・・・」
「桃ちゃんは斉藤と思い出が作りたいんだよね?」
「・・・・」
「そうです!」
「いいじゃん。BBQなら。桃ちゃんの水着もみんなに見られないし」

白木はクックックと笑い続ける。

「お前さ?お前も本気の女が出来たら、今の俺の気持ち分かるよ」

「・・・・だといいな」

一瞬、寂しくなった雰囲気に
それに気が付かない桃花が
「それって、光先輩が私に本気だって事ですかっっっ!」
と言った一言で笑いに変わった。

お前も、いつの日か、本気の両想いの・・・彼女が出来たら分かるよ。
好きなオンナの肌は見せたくないってな。

「くだらないこと言ってないでレポートやれ」
「くだらなくないです!」
「レポート書け!」

そんな俺たちの会話を白木は笑いながら聞いていた。


END****





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-06-28 14:45 | ・キスの後で… | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 願い事   やっと次回作☆ >>