花火大会①

懸賞 2018年 08月 21日 懸賞

「お母さん!これでいい?」

私の25年前の浴衣を着て、のぞみがせわしなく鏡の前でクルクルする。

「新しいの買えばいいのに」
「これでいいの」

25年前に、新田くんのために買った浴衣だ。

「こんな柄、今はないし」

レトロなのが逆に娘に喜ばれる。

横浜の花火大会に、休日出勤だった山田君が急に都合がついたようで
昨日から大騒ぎだ。

「さぁ、行ってらっしゃい」

歩きにくいだろうと少し早めに娘を送り出して
リビングに戻れば25年前から大好きな人が、読んでもいない新聞を広げていて
「行ったのか」
なんて平静を装って私に聞いて来る。

「気になるなら自分で見ればいいじゃない」

山田君に不満はないくせに難癖をつけたがるのが父親の様で。
だから私もからかってみる。

「経管だしね」
「ん?」
「山田君、いい人だけど経管って言うのが難よね」
「なんだ?経管の妻になった癖に」
「だから、よ。良く分かるわ」

そう言って、元経管の男の隣に座る。

「へぇ」
「夜は遅いし、休日出勤はするし」
「うん」
「仕事が大好きだし」
「そうだな。ありがとう」
「文句を言ってるんですけど」
「それでも、愛してくれてるんだろう?」
「まぁ、ね」

「洋子も早く浴衣を着ろよ。加賀の家に行くの遅れるぞ」
「もう!話をそらして!」
「1年に1回の洋子の浴衣姿を見るのが楽しみなだけだよ」
「でも、経管は浮気しないのよね」
「そう。洋子だけ」
「のぞみも幸せになれるわね」
「山田が浮気したら左遷だしな」

そんな言葉に私は苦笑いして、
「浴衣着てくる。ちょっと待ってて」
私も好きな人のために浴衣に着替える。


END*****





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-08-21 15:29 | ・キミの体温 僕の吐息 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 花火大会②   風が吹き始める日 >>