花火大会⑨

懸賞 2018年 09月 03日 懸賞


田舎のお祭りは威勢がいい。
特に夏まつりは、お盆休みで帰省した若者たちが集まって
普段の町の人口の何倍かに膨れ上がる。

小さい時に行ったお祭りに、奥さんや子供を連れて自分の田舎を誇りに来る。
そしてご先祖様の霊を慰めるように華やかに花火が上がる。

箪笥の1番下の引き出しの奥に、豪のお母さんの浴衣が仕舞ってあったのを見つけたのは夏の衣替えの時だった。

「あ、おふくろの」

それだけ言って懐かしそうにその浴衣を着た私を豪は眺めた。

「ばあちゃんが、盆休みに来るおふくろのために用意してたやつだ」

豪の父親の故郷のこの土地にはお盆休みに毎年家族で帰って来ていたらしい。

でも結局、豪の両親はこの土地にUターンする事はなかった。
都内と横浜の一等地に有名なレストランを開いて、今は豪にレストランの経営を任せて
横浜で優雅に暮らしている。

私も横浜に帰るとお邪魔する。
2人の息子たちはこの夏中、横浜に遊びに行っている。

「へぇ。懐かしい。その浴衣を着たおふくろと俺の小さい頃の写真がどこかにあったはず」
「わ!見たい!」
「探してやるよ」

「響子が着てくれて、ばあちゃんも、喜んでる」

そう言った豪は日焼けしてがっしりした身体に浴衣が良く似合ってる。
前が少しはだけて、やけに色っぽい。

この浴衣はおばあさんが豪のために縫った浴衣だ。

「私より色っぽい・・・」
ちょっと拗ねてそう言えば
「何言ってんだよ」
そういって、私の胸元に手を入れようとする。
「もう!」

おいたする手をパチンと叩いて

「奏くん達も来るんだから。いい子にしてて」
「はいはい」

痛くない癖に痛そうに手首を振った。

「こんばんは」

ガラッと引き戸を開けたその先には、同じく浴衣姿の奏くんと茜ちゃんがいて。

茜ちゃんは初めてのこの土地に戸惑いながらも嬉しそうに下駄を鳴らしていた。

「奏くんのお母さんが私にも浴衣を用意してくれていて」

あぁ、上手く行ったんだ。
奏くんとお母さんはピアノの事でギクシャクした関係で
そのまま海外留学をしてしまった奏くんは、やっと数年振りかでお母さんに会いに来た。

自分の息子に過度な期待と重圧を与えてしまった後悔と、そして隠しきれない息子への落胆を
小野寺さんはいつも悔いてきた。

奏くんも、母親の期待に応えられない自分と、その自分を受け入れてもらえない葛藤の中で
母親に甘えたい時期をずっと孤独に過ごしてきた。

いくつになったとしても、和解出来て良かった。

「さぁ、行きましょうか!」

ドーーーンッッッ

と、花火の一発目が上がる音がした。

「茜さん早く!」
「待ってよ」

先に玄関を出た2人を嬉しそうに見る私に
「響子、帰ってきたら一緒に風呂に入ろうぜ」
なんて、豪がニヤッと笑った。

「じゃぁ、みんなにりんご飴買ってよね!」

私は笑いながら玄関をかけだした。

END*****





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-09-03 15:25 | ・田園シンデレラ | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 花火大会⑩   花火大会⑧ >>