アラーム

懸賞 2018年 09月 20日 懸賞

金曜日、1週間の仕事の疲れを身体で感じて、同僚とご飯を食べて帰ってきた。
しずかは忙しいらしく、明日の土曜日のデートもキャンセルの連絡が入っていた。

「明日は久しぶりにゆっくり寝よう」

この1週間はハードだった。

ゆっくりお風呂に浸かって、髪にトリートメントをした。
普段は洗うだけで精一杯。

髪を乾かして、顔にパックシートをして軽くストレッチをする。

今週の仕事を軽く思い出して
来週の仕事を思い浮かべる。

アラームをかけた時計を見ると後10分。パックが終わったら寝よう。

その時、玄関のドアがガチャガチャっと音がしてしずかが入ってきた。
「優衣、いるよな?」

ちょっとちょっと!
「来るなら言ってよ!」
慌ててパックをはがそうとする私の手を
「おっと。そのままでいいって」
と、止めた。

「メールしたけど?」
お風呂に入って、そのままチェックしていなかった。

「あのさ~?いくら彼氏でもこーゆー舞台裏的な事見せたくないんだけど・・・」
「ん?別にいいじゃん」
「いやよ」

「俺のために綺麗にしてんだろ?」
このオトコは・・・

「俺のために努力してくれてんだろ?」
このオトコは・・・

「その気持ちが可愛い」
この、オトコは・・・

「でも」
なによっ
「優衣はきっと年をとってもかわいい」
「・・・・」

ニヤッと笑いながら、そんな事を言うから
自分でも分かるぐらい赤くなった。

その時、パック終了のアラームが鳴って
意地悪な顔をしながら、しずかがそっと私のパックに手をかけて剥がした。

「優衣、まっか」

そう言って美容液がたっぷりしみ込んだ頬を人差し指でプニプニした。

「やっとキスできるな」

笑いながら顔を近付けて

「ただいま」

と、唇をかさねた。

END****





by ichigo-ichigo205 | 2018-09-20 14:06 | ・キスマーク | Comments(2)

Commented by おーひら at 2018-10-02 08:09 x
いちごちゃん、こんにちは。
昨日の台風のしわ寄せラッシュは
無事やり過ごせましたか?

昨日の夜、パックを手にとったら
この話思い出しちゃいました。
パックするのは自分の為なのです。
おばちゃんは。とか心の中で
ツッコミ入れつつ(#^.^#)
Commented by ichigo-ichigo205 at 2018-10-07 01:41
おーひらちゃん
返事が遅くなり申し訳ない。
今年は台風と天災が多いですね…

ふふふ。自分のためのパック、もちろん私もです!
キレイになるよりも気持ちよさのほうが勝ったりして♪
名前
URL
削除用パスワード

<< またあした   花火大会⑩ >>