カテゴリ:・乙女☆大作戦( 7 )   

花火大会⑩   

2018年 09月 06日


横浜の花火大会は、学生時代に来たきりで
思い出の中にある人ごみよりもさらに凄い人の波だった。

「会えんのかよ」

待ち合わせ時間を過ぎて
若干不安になった待ち合わせは桜木町駅で
「え~。職場の駅?」
と、美咲は嫌がっていたけど、もうここまでくれば
隣の関内駅だろうと、会社の人に会う確率は同じな気がする。

あんだけ社員数が多い職場で、横浜の花火大会で誰にもあわないはずはない。

「山崎!」

人の波を縫うように近づいてきた美咲は浴衣姿だった。
「浴衣着てきたんだ」
俺の思わず言ったその言葉に美咲はちょっとムッとして

「なぁに?嫌だった?遅れて悪かったわね」
「いや、俺も着てくれば良かったと思って。可愛いよ」
そう言った途端、照れてそっぽを向いた。

うん。可愛い。

「もう。何言ってんのよ。行こ」

改めて、この子と付き合えて嬉しいと思う気持ちが胸いっぱいに広がって
「危ないから」
と口実に手をつなぐ。
何回もつないできたはずの手なのに、いつも嬉しい。

「ちっちゃい手だなぁ」

「そう?」

俺の手のひらにすっぽり隠れる手のひらは絶対俺が守ってやると思わせる。

会社にほど近い横浜港から、花火が上がるのを2人で混みあう人ごみの中で顔をあげた。

あまりの混み具合で
俺は後ろから美咲を抱きしめるようにそっとくるむ。

浴衣姿の彼女に、他の男が触れないように。

「来年も来よう」
「うん。山崎と一緒に来たい」
「だな」

来年も一緒に見ようと約束できる当たり前が幸せ。

小さい手のひらをくるむことのできる当たり前が幸せ。

俺は花火を見上げる美咲のうなじにそっとキスをした。


END****





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-09-06 13:16 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)

似た者同士②   

2018年 03月 23日

「探偵く―ん」
「何ですか?」
「美咲ちゃんと別れたんだって?」
「・・・・早いですね」
「まーね~。経管ですから」

野口さんは人の恋地に首を突っ込むのが好きだ。

「おい!探偵君、井上さんと別れたのか?」

楠さんも早いですね。まぁ経管ですからねっ!

「探偵くん!今受付で美咲ちゃん食事に誘われてたぞ!」
「え・・・」

山田さん、それは俺が知りたくない情報です・・・

「あの人確か既婚者じゃなかったかな?」
既婚者・・・?

「あ、俺も見たぞ。すげー良いレストランに誘ってた」
「マジで?店の名前で誘うなんてイヤなヤツ」

「お前謝っちゃえよ」
「だな、早い方がいい。謝れ」
「今行って来い!奪い返して来い!」

「男が意地張ったってイイ事ねーぞ」
「それは言える」
「お前美咲ちゃんに不満あんの?」
「気が強いです」

「はぁ?んなもん上手くなだめろよ」
「お前男だろ?」
「美咲は凄い気が強いんですよ!」

「それでも―――だ」

「好きなんだろ?」
「お前に素直にわがままが言えてるって事じゃん」
「取り繕ってないって事だよ」

「お前が謝れ」

3人は一貫して、俺に謝れという。
美咲の気が強いのは素直な面と紙一重だという。

「あの男と食事に行ってもいいのか?」
「お前がいないところで美咲ちゃん酔うんだぞ?」
「井上さんがどれだけ可愛いかちゃんと認識してるか?」

「・・・・ます」
「あ?」
「今からちょっと受付に行ってきます!」

「おぅ!」
「しっかり取り返して来い!」
「美咲ちゃんに好きだってちゃんと言って来い!」

俺はエレベーターが来るのももどかしく
エントランスに降りて行った。

そこには秘書課の武田さんと常務がいて、村松さんと話していた。

俺はその3人に聞こえないように
「美咲、ちょっと」
「なに?」
「良いから。ちょっと」
「なによ!仕事中なんだってば」

「良いからちょっと来い!」
「やだ。言いたい事があるならココで言いなさいよ」

「あ~・・・もう!」
俺はいつまでも思い通りにならない美咲に舌打ちした。
「エントランスで舌打ちしないでよ!」

「お前さ?今誰か既婚者の男に食事に誘われてただろ?」
「え?」
「断った?」
「なんで・・・山崎には関係ないでしょ」
「あんだろーがよ」

「なんでよ!」
「お前が好きだからに決まってんだろ!
お前が他の男と食事に行くのを知っててわざわざ見逃す程バカじゃねーよ」
「・・・」
「愛してんだよ。分かんだろ?」

「分かんない、よ」
「何で分かんないんだよ。こんなに愛してんのに」
「言ってくれなきゃ分かんないよ!」
「感じ取れよ!でも感じ取れないなら毎日でも言ってやるよ。
お前を愛してるよ。美咲。だから他の男と食事なんか行くなよ」

シン・・・・ッ

とエントランスがなったのが分かった。

ハッと我に返ると
武田さんが笑っていて
「常務。私たち勝手に舞台に上げられたようです」
と、吹き抜けになっているエントランスの2階の廊下から
ニヤニヤしながらこっちを眺めている3人を見上げた。

「あぁ。なるほどな」
常務も苦笑いしていて

「山崎、今井上さん『たち』を食事に誘っていた既婚者の男は俺だ」

は?

「お昼休みに3人が常務のところに来て
たまには秘書課の女の子をねぎらったらいかがですか?ってわざわざ言いに来たのよ」
「・・・・」
「確かに秘書課は忙しくてなかなか懇親会とかできないから。思い切ってやろうという話になって」
「武田さんが調整をとってくれる事になったんだが、3人がたまには秘書課の仕事ぶりをねぎらうとともに
俺にも一緒に行けというから、それもそうだと思って来たわけだ」
「あの3人が『今行った方がいい』ってやけに勧めてきてね」
「山田がココにいたんだけど、いつの間にかいなくなったな。アイツ」

「先輩たちがすみません」

2階の廊下にすでに3人の姿はなくて
エントランスは通常の動きとざわめきが戻っていた。

「いや。いいものが見れた」
「常務、若いころを思い出します?」
「まぁ、俺はもう少しスマートだったけどね」

なんて笑いながら常務と武田さんは秘書課に帰って行った。

「こんなところで大声出して・・・恥ずかしい奴!」

美咲は顔を真っ赤にして、拗ねていた。

「しょうがないだろ。好きなんだから」

開き直ってそういえば、隣の村松さんが声を我慢して笑いだした。

「お二人とも素直なんだか素直じゃないんだか・・・
似た者同士ですねぇ」

「似た者同士・・・」

俺たちは似た者同士。

「似た者同士ね。俺が美咲を愛してるのと同じぐらいお前も俺の事、愛してる?」

「知らない!!」

美咲は耳まで真っ赤になっていた。


END*****




[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-03-23 14:25 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)

似た者同士①   

2018年 03月 22日


「お前、なにイライラしてんの?」
「お前って呼ばないでよ!」
「・・・美咲ちゃん、何イライラしてんだよ?」
「あんたに関係ない!」

「お前さぁ。俺に『お前』って呼ばないでって言っておきながら
自分は俺の事『あんた』って呼ぶのな。それやめろよ」
「はぁぁ?なに自分の事棚に上げてんの?」
「・・・・」

「その言い方、ほんと嫌い」
「ったく。素直じゃねーな」
「素直じゃなくて悪かったですね!
あ~ぁー。山崎は素直な可愛い子が好きだもんね?」
「なんだ?それ」
「総務の女の子が『わざわざ』私に言いに来たわよ。
経管の山崎さんにぃ~凄く優しくしてもらいましたぁ~って」

美咲はわざと甘えたような声を出した。

「重い荷物を持ってもらっちゃってぇ~重くて大変だったんです。ありがとうございましたぁ~って言ったらぁ~
素直にお礼の言える子はイイネってぇ~優しく笑ってくれたんですケどぉ~
井上さんは山崎さんに素直にお礼言わないんですかぁ~?
って!!何でわざわざ受付まで良いに来るのよ!あの子!!」

「あぁ」
昨日、総務の子が重そうな荷物を持ってたから持ってやったんだっけ。

「それってヤキモチ?」
何気なく言った言葉が、美咲をさらに激怒させたらしい。
「は?ヤキモチ?私が、あんたに?
まさかっっ!!!仕事中に知らない女にいちゃもん付けられてイラついただけよっ!」
「いちゃもんって・・・」
「いちゃもんでしょうが!仕事とは一切関係ないからね!」
「かもな」

こうなると美咲は手がつけられない。

「もう、別れよ」
「え?」
おいおい!話しが飛び過ぎだろう!
「もうさ~。社内恋愛疲れた」
「なんだ?それ」
「みんなに冷やかされたり、勝手にライバル視されたり、いちゃもん付けられたり」

んなもん・・・
俺だって、露骨に飲み会でヤロー達に受付嬢の優しい対応を自慢されるぞ?

「お互いそんなに好きじゃないのかも」
「何だよそれ!」

お互い?
俺は美咲を大事にしてるけど全く伝わってないって訳?
美咲はそもそも俺の事そんなに好きじゃないって訳?
なんだよ・・・それ!

「あ~。そうかもな」

売り言葉に買い言葉

「とにかく冷却期間を置こうぜ!」
「だね!」

そうして俺と美咲は冷却期間という名の『お互い無視』期間に突入した。





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-03-22 15:07 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)

頑張れ山崎くん!   

2016年 11月 24日

今年の新人で、どうも私に気があるような子がいる。

出社時や外出時にわざわざ受付によって、私と会話してから行く。
それが今年の1番人気の子で、素直で可愛いから
受付の先輩にからかわれたりしてる。

「井上さん、今から営業に行ってきます」

新人らしく真面目に報告する姿が可愛い。
なんて思っていたら、受付に頬杖をついて、山崎がため息をついた。

「あのさ?井上は俺の彼女なんだよね。知ってる?
キミの行動、噂になってるよ」

やま・・ざき?

「井上とどうこうなろうとか思うなよ?
井上が優しいのは受付だから、だ。仕事なの。キミに、じゃない」

「ちょっとやめてよ。受付で!」
「早めにはっきり言ったほうがいいんだよ」

「分かったか?」

ドヤ顔でそう言った山崎のこめかみが急にげんこつで抑えられた。

「はいはい。探偵君。キミのこの行動もす~ぐ噂になっちゃうからね!
社会人なら色々考えてから行動しようね」

ニコニコと不敵に笑いながら山崎のこめかみにグリグリとこぶしを押しつける山田さんがいた。

「イテテテテ。山田さん、やめてくださいよっ」
「井上さんごめんね。経管が責任を持って引き取るからね!」
「すみません。お願いします」

「お願いします、じゃねぇ!美咲!そいつと話すなよ!」
「探偵君、部に帰るぞ」
「おい!お前も美咲に話しかけるなっ」
「山田さん、お願いします。山崎はもう連れて行ってください」
「はいはい。ほら、キミも外回りだろ?頑張ってな」

はぁ・・・
山崎がエレベーターに姿を消し
ビックリした新人くんが気を取り直して外出した。

「大変ですね」

綺麗な顔で村松さんが笑っていた。

END*****








[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2016-11-24 15:10 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)

『美咲ちゃん』   

2015年 09月 22日


経管の先輩3人にお説教されて、奢ってもらって。
店を出てすぐに美咲に電話をした。

何回コールしても出ない電話に
実家暮らしの美咲の家に夜遅くに行くわけにも行かなくて
留守電にメッセージを
明日の朝一に行くと残して、自分の家に帰った。

マンションの前に、いつかのように美咲が待ってて
その姿を見た途端に駆け寄って抱きしめた。

「美咲。ごめん」
「山崎。私もごめんね。仕事だもんね、我慢する」

二人でギュッと抱き合って
なんとなく恥ずかしくなって俺の部屋に入った。

「今さ・・・経管の先輩たちに叱られてきたところ」
「え・・・・?」

「美咲ちゃんを大事にしろ」って
「え?なんて言ってたかもう1回言って?」
「美咲ちゃんと会う時間を自分で作れって」
「え?本当にあの三人がそんなこと言ったの?」

「ああ。俺が悪いって気づかされた」

「きゃぁぁぁぁ~!!!!
私、ツートップに『美咲ちゃん』って呼ばれたのね?」
「・・・・・」

「嘘!すごい!会社では『井上さん』って呼ぶのに。
山崎には『美咲ちゃん』って言うの?」
「・・・・」
「楠さんも、呼んでくれた?ねぇねぇ!」
「・・・・」

「直接聞きたい~!!!!」

本当にうれしそうに、顔を崩してウキウキ興奮している美咲に腹が立つ。

「あのさ。月曜日にあの3人に言う」
「なんて?」
「もう絶対に美咲ちゃんって呼ぶなって」
「ええ~。呼んでほしい~」
「だめ。絶対だめ。美咲ちゃんって呼んでいいのは俺だけ!」

「・・・・将、ヤキモチ?」

上目づかいで、ちょっと恥ずかしそうに、ちょっと意地悪そうに言う。

「悪いか!」

「悪くない。将。大好き!」
そう言って俺に抱きついてキスをした。


END*****
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2015-09-22 11:23 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)

HappyBirthday♪   

2015年 01月 18日

私の誕生日なのに・・・
2人で過ごす初めての誕生日なのに・・・

何で山崎と2人きりじゃないのぉ!!!

2人でお昼過ぎに会って
食事をしてホテルに泊る予定だった。

「なに?この子・・・」

「姪っ子」

約束の場所に現れた山崎は、小さいかわいらしい女の子と手をつないでやってきた。
「美咲と付き合う前から、今日はきららと約束してたんだ。
きららの誕生日も近いんだよ」
「え・・・?なに?この子の名前もう1回言って?」
「き・ら・ら」
「きららぁ?本当の名前?」

ビックリだわ。そんな名前あるの?
今は流行りのキラキラネームか・・・

「おばちゃま。おばちゃまと将くんが今日の約束をする前から
きららは将くんと約束してたんだから!」

おばちゃま・・・・

「将くん。行こう」
「ちょ。ちょっと待ってよ。何で彼女の私が『山崎』って呼んでるのに
きららちゃんが『将くん』なんて呼んでるのよ」
「美咲・・・」
山崎がため息をついた。
「おばちゃま。きららも『山崎』なの」
「・・・・」
「将くん。プレゼント買ってくれる約束でしょ」
「お・・おぅ。いくぞ。美咲」

2人は手をつないで歩きだした。
「待ってよ!私も手をつなぐ!」
今までのデートでは同僚からいきなり恋人になったから
恥ずかしくて手なんかつながなかったけど。
きららに負けてられるか!

「ほら!私なんか腕組めるんだから!きららは背が低いから無理でしょ!」
「きららは、おててでいいもん!」
「美咲・・・」

その後、行きたくもないおもちゃ屋へ行き、おもちゃなの?というぐらい
クオリティーの高いブレスレットを買った。
次は美咲の番な。と
ジュエリーショップでブレスレットを買ってもらった。

うん。嬉しいんだけど。嬉しいんだけど。複雑なのは私だけ?

歩きつかれたと、コーヒーショップに入って2人で席に座って
山崎がドリンクを買ってくれるのを待っていたらきららが
「将くんは、きららのよ」
なんていうもんだから
「はいはい」と
大人げない返事をしてため息をついた。

「でも、将くんおばちゃまの事が好きなのね」
なんて少し寂しそうに言う。

「なんで?」
「この後のご飯。将くんはきららとパパとママとは一緒に行かないんだって」
「う・・・ん」
「おばちゃまと一緒に食べに行くんでしょう?」
「・・・・」
「絶対きららの方が将くんを好きなのになぁ・・・」
「・・・(この小娘!)」

「今日の夜はおばちゃまに貸してあげる」
「・・・ありがとう」

その後、山崎のお兄さん夫婦に会ってきららを引き渡して
やっと二人きりになれた。

2人で美味しいものを食べて。泊ったホテルの部屋から見えた夜景は凄く綺麗だった。
「ね。山崎」
「ん?」

首筋にキスをしながら答える声が耳元に響く。

「私ときららとどっちが好き?」

「はぁ?」

今まで良い雰囲気だったのが一気にギャグっぽい雰囲気に変わった。
「あのな?美咲・・・」

「私はきららをライバルって認めたのよ!」
「・・・・」
「言っといて。また3人でデートしようね。って」
「・・・ん。でも、俺は2人の方が良いな。美咲好きだよ」

「話はいいからおいで。誕生日おめでとう」
「ん。将。大好き」
「俺は愛してる」

HappyBirthday♪


END******
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2015-01-18 22:14 | ・乙女☆大作戦 | Comments(2)

噂の二人   

2014年 11月 21日

「おはよう!」

すがすがしい顔で山田さんが出社してきた。

「あ。おはようございます」

俺は計算の途中だったのでロクに顔も上げないで挨拶したら
山田さんが俺の前で立ち止まった。
不意に嫌な空気を感じ取って顔をあげると
そこにはニヤニヤ顔の山田さんがいて

「やまざきぃ~。ついに井上さんとくっついたんだって?」
なんて言い始めた。

「・・・・なんで知ってるんですか?」
「お前ねぇ。あの電車に何人この会社のやつが乗ってると思ってんの?」
「・・・・」
駅から出る前に美咲とは別々の行動をしたのに。

「山崎!上手く行ったんだって?」
そう大声で入ってきたのは野口さんだ。

「・・・・」
「何とか言えよ!良かったな」
そう言いながら俺の頭をグリグリした。
痛いんすけど・・・

「おい。山崎。色ボケして計算間違えるなよ?」

今まで書類を真剣に見ていた楠さんまでそんなことを言う。

「とにかく!今日はお祝いだな!
俺たちの可愛い後輩の恋が成就したお祝いだ!」
「おう!もちろんだ!」

野口さんと山田さんがそんなことを言って
騒いでいると楠さんまで
「井上さんも呼ぶだろ?」
と、真顔で聞かれた。

美咲・・・
俺たちの仲はすでに社内で噂になっているらしい。

はぁ・・・と俺は大きなため息を1つついた。

「でも、本当に良かったな」
三人が俺の周りでそう言って笑ってくれた。
よし。今日はお祝いしてもらおうじゃないか!

「ありがとうございます」


*:・'゜☆。.:*:・*:・'゜☆。.:*:・

「井上さん。山崎さんと上手く行ったんですね?」

朝イチのアポの来客が落ち着いたお昼前。
隣に座っている村松さんに不意にそう言われた。

「え・・・えぇ?」

土曜日の橋本さんとのデートの後で
山崎の家に行った。
そのまま日曜日も2人で過ごして
今日はそのまま会社に来たけど。
駅から出る前に別々の行動をしたのに。
何でしってるの?

「噂になってますよ。井上さん」

これぞ一流企業の受付嬢スマイル!
そう、週刊誌に載りそうな清楚な笑顔で言われても・・・

「え。ごめんね。紹介するとか言っておいて」

言い逃れは出来ない。と思って今までの事を謝れば

「良いんです。山崎さんが井上さんに片思いだったのは
周知の事実ですから」
「・・・・」
「ですから、私もキッパリお断りしたでしょう?」

あ・・・あぁ。
村松さんが山崎の紹介を断ったのはそんな理由なんだ。

「お幸せに」
「うん。ありがとう」

そのあと、外出する山崎が振り返り
私の選んだ、赤いネクタイを軽く振ったことも
もちろん噂で流れたらしい。


END******
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2014-11-21 12:35 | ・乙女☆大作戦 | Comments(0)