カテゴリ:・恋人宣言( 5 )

懸賞 懸賞

願い事

懸賞 2018年 07月 07日 懸賞

梅雨が記録的な早さで明けた7月。
土曜日だって言うのに直哉は相変わらず仕事で
私は一人で買い物に行って、夕飯を食べた。

大して面白くもないテレビを見ていると
ガチャっと音がして玄関のドアが開く。

「葵、いる?ごめん。遅くなった」

大して悪びれもせずに、機嫌のいい声で直哉が来た。

ガサッガサッと音とともに部屋に入ってきて
何事かと思ったら、笹を抱えていた。

「な、なに?」
「七夕」

あぁ・・・今日は七夕か。
大人になって、願いごとをすることもなくなって
七夕というイベントよりも、会社が休みの土曜日のほうが重要になっていた自分に
ちょっと悲しくなった。

「短冊書こうぜ」
「ええぇ?」
「短冊」

短冊・・・ねぇ。

「いいね!」

うん!いい!
子供の頃みたいに願い事を書こう!

サインペンを出してきて
厚手のメモ帳を細長に切った。

何を願おう・・・
直哉と結婚できますように?
直哉とけんかしませんように?
仕事が上手くいきますように?
健康でいられますように?

え・・・

子供の頃は短冊に書く願い事なんかすぐに決まったのに。

私はいざ書こうと思うと、1つに決められなかったし
1番の願い事の、直哉のことは『願う』事とは違う気がした・・・

「何考えてんの?」

う~ん、とうなっていたら、不思議な顔をした直哉がここっちをじっと見ていた。

「願い事、何にしようかな。と思って」

と、いうと、サインペンをクルクル回した直哉が

「何でも好きなこと書けよ」
と笑った。

あぁ。
そうだよね。
願い事だもん。
自分の好きなことを書けばいいんだよね。

「直哉は?何を書いたの?」
ちょっとワクワクして聴いてみた。

「俺?」

ちょっと照れくさそうに自分の書いた短冊を私に見せた。

「葵と明日の日曜日は思いっきりイチャイチャ出来ますように」

「・・・・」
なにそれ

「今の俺の1番の願い」
へ~・・・

直哉は私の呆れた顔を笑いながら、私の身体ごと自分に引き寄せた。

「近頃、なかなか一緒にいられなかったから」
「うん」
「思いっきりイチャイチャしたい」

「だね!」

別に大層な願い事なんかいらない。
直哉と1日ずっと仲良く出来ればそれで充分。

私たちは、キスをした後に、ベランダに笹の葉を飾った。


END****

日本各地の豪雨の被害にあわれたすべての方々に心よりお見舞い申し上げます。





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-07-07 23:59 | ・恋人宣言 | Comments(2)

社内メール

懸賞 2016年 10月 05日 懸賞


久しぶりに社食で一緒になった直哉はいつも忙しそうで
今日も、結構な勢いでご飯を食べている。
そんな直哉を同期の真樹と2人で呆れて見ていたら
真樹が突然直哉に聞いた。

「青木は葵のどこを好きになったの?」
「ん?」

一瞬食べる手を止めて、
「可愛いトコ」
今更、何聞いてんだ、って感じでニヤッと笑う。

私を・・・どんな人?と聞いて
「可愛い」と言う返事は恐らく誰も言わない。
仕事に夢中で、男の同期にも負けない成績に奮闘している私は
一般職の可愛いOLさんとはちょっと違う。

直哉のその返事に真樹が笑って
「そっか」
とつぶやく。

「俺、当分帰り遅いからデートできない」
「う、うん分かった」
「浮気すんじゃねぇぞ」
「分かってるよっ!」

会うたびに釘を刺されて、いい加減うんざりなセリフに
ため息をついている間に、直哉は食べ終わって食器を下げに行った。

「は~・・・広報に行ってますます忙しくなったね、青木は」

あっという間に食べ終わった大盛りに真樹が感心する。

「この前さぁ~・・・」

そしてナイショ話のように小さい声でひとり言のように呟いた。

「社内メールが来て」
「誰から?」
「青木から」
「直哉?」

「しばらく忙しいんだって。青木」
「う、ん?」
「私に、金子さんは平日いないから、暇だろう?って」
「ええ?」

何言ってんの?あいつ!

「すみれもおふらんすに行っちゃったし、暇だろう?って」
「はぁ?」

同期の女の子になんつーメール送ってんのよ。

「だから、悪いけど葵の事気にしてやってくれって」
「・・・え」
「合コン行かないように見張っててくれって」
「・・・!」

「あんた、愛されてるねぇ~・・・」

そこまで言って、ニヤーっと私に笑いかける。

顔がみるみる赤くなるのが分かった。

「今日、飲みに行くかぁ~」

真樹は私の顔を見て、嬉しそうに笑ってそうつぶやいた。


END****







[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2016-10-05 12:54 | ・恋人宣言 | Comments(0)

上司

懸賞 2016年 07月 01日 懸賞

「で?」

書類を読みながら廊下を歩く森川課長代理を捕まえて会議室に連れ込んで
俺が部署異動を願い出た時、森川課長代理は大したことじゃない、と言う感じで
持っていた書類を読みだした。

「ですから、異動願いを出したいんです」
「ふ~ん」
「最短でどれぐらいで異動になりますか?」

真面目な顔をしてじっと課長代理を見つめて返事を待つ。

「今何月だっけ?」
「はぁ?」

俺は異動の話をしてるんだっつーの。

「5月です」

それでも、その書類に関係する事かと思って真面目に答えると
ハッーと森川課長代理は大きくため息をついた。

「で?4月の異動が終わったばかりなのに、次の異動の話しか?」
「秋に異動がありますよね?」
「稀にな。普通はないよ」
「その『稀』に乗せてもらえませんか?」

そういう俺をさらにじっと見つめる。

「青木・・・」
「はい」
「お前、こらえ性ないなぁ」
「は?」

「確か新年からだから、伊藤と付き合ってそろそろ5カ月か」
「はぁぁ?」

「結婚までは今のままで行けるかな?と思ってたけどな」
「・・・・」

なに・・・?

「いい加減、皆にナイショにするのが嫌になったか?」
「・・・・」

なにいってんだ?この人。

「半年未満でネをあげるって、仕事じゃもう少しこらえ性があるのにな」
そう言ってまたため息をついた。

「あ・・・の」
「何?」
「俺たち、そんなにバレバレでしたか?」
「いや。俺以外にはバレてないと思うけど?
上手くやってるよ。お前たち。だけどそれが嫌になったんだろ?」
「・・・・」

なんだよ。この人。

「で?異動の話は伊藤は知ってんのか?」
「イエ」
「ふ~ん。話しあって出て行くのがお前に決まった訳じゃないんだ。
伊藤が企画から出るの嫌がったのかと思った」

・・・・あってる。

「今、俺のところに広報からの共同企画の案件が入ってる」
そう言って持っている書類をヒラヒラさせた。

「はい」
「誰をつけようか迷っていたところだ」
「はい」
「けど・・・お前にはまだ早い。俺の中で青木は候補に挙がっていなかった」
「はい」
「けど青木にやらせてやる」
「はい」
「これを成功させて、そのまま成功を引っ提げて広報に行け」
「はい!」

「異動は秋だ。夏までには目星を付けろ、推薦してやる」
「はい」

「良いか?忘れるな。本来なら『お前にはまだ早い』」
「はい」
「相当、キツイぞ」
「はい」
「成功しなかったら、青木の出世はかなり遅れる。
もしかしたら伊藤の方が先に主任になる。それでもやるか?」
「・・・はい」
「それから、このことは伊藤には内緒だ」
「はい」

「男なら、好きな女のために人生賭けてみろ」

普段は温厚な課長代理から出た過激な言葉にビックリした。

「あ。失敗したら異動はなしだぞ」

森川課長代理はそう笑いながら会議室を出て行った。
あの人、こえぇ。

伊達に出世はしないんだな。と
温厚な森川課長代理の人となりを初めて垣間見た気がした。

END*****





[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2016-07-01 12:13 | ・恋人宣言 | Comments(2)

好きだから

懸賞 2016年 04月 30日 懸賞

「おい、待てよ」

企画部内のプレゼンで僅差で負けたあと
冷静なふりをして会議室を出たけど
そのまま直哉を振り切って速足で歩く。

「待てったらっ」

私に追いついて肘をもって自分のほうに振り向かせた直哉は
私の涙目に気が付いて小さく舌打ちした。

「来い!」

そのまま肘を強い力で引っ張って地下の資料室まで無言で私を連れて行った。

「痛い!離してよ!」
「黙ってろっ」

地下室はいつものようにひんやりしていて、古臭い紙の資料のにおいがした。

「お前さ、部内プレゼンに負けたからってその顔で部に戻るわけ?
社会人の自覚たりねーよ?」
「だって・・・」
「だってなんだよ?言えよ」
「直哉、なんであの資料持ってること私に言わなかったの?」

「はぁ?」

僅差で負けたプレゼンは去年まで直哉がいたチームが担当をしていて
今年、新たにチームを組むのに相手は去年の直哉たちのデーターを武器にした。

「どう考えたって向こうの勝因はあのデーターでしょう?
なんで向こうに渡す前にこっちに教えてくれないわけ?」
「なんだ?それ」
「なんで向こうに渡したのよ!私がこの仕事したかったって知ってるでしょう?」

「あのさ?」
「なに?」

直哉は冷たい目で私を睨んだ。

「あのデーターは別に部内で非公開じゃない」
「・・・・」
「向こうはそれに気が付いて提供を求めたので提供した。
あのデーターの存在に気が付かなかったお前たちのチームが悪い」
「でも!」
「でも?」

「私に教えてくれたっていいじゃない!」
「なんで?」
「なんで・・・って」
「なんでだよ」

「付き合ってるんだよ?」

私のその言葉に直哉の眼は一層暗い色になった。

「お前さ、俺と付き合ってるのって、仕事で得するため?」
「え・・・?」

「俺からいろいろな情報がほしいから付き合ってるの?」
「ちがっ・・・」
「なんで公私混同するわけ?
なのに、お前の損になるから会社では俺たちの関係は秘密なんだよな?
俺となんで付き合ってるんだよ?言えよ」
「・・・・」

「今後データーならいくらでもくれてやるよ。
付き合わなくてもお前に優先して情報をくれてやる。
だからそれが理由ならわざわざ付き合ってくれなくたっていいよ」

そういいながら、イライラしたようにエレベーターのボタンを連打した。

その手を包むように、止めて。
「ごめん」
素直に謝る。

「ごめん。公私混同した。プレゼンに負けたからって
八つ当たりした。ごめんなさい」
「・・・・」

「直哉と付き合っているのは好きだから」
「・・・・」
「ちゃんと好きだから付き合ってるんだよ」

うつむきがちにそう言えば
いきなり顎をつかまれて、上を向かされキスが飛んできた。

「んっ・・・」

キスを離したあと口端をゆっくりとなめて。
「葵がちゃんと『好き』って言ってくれたの初めて」
そう嬉しそうに私を抱きしめた。

そうか・・・
私、言葉に出していなかったんだ。

直哉を不安にさせていたことに反省した。

「あ~。部に帰りたくねぇ。ずっと抱きしめていたい」

さっきまで社会人の自覚、とか言ってたくせに。
そんな直哉を一層好きになった。

END****




[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2016-04-30 11:53 | ・恋人宣言 | Comments(0)

方言に変換してみた!

懸賞 2016年 04月 20日 懸賞

標準語

「近頃忙しくて構ってやれなくてごめん」

右手がゆっくりと私の秘部に降りてくる。

「ん・・・・っっ」

水じゃないぬめりの中をゆっくりと中指が私の中に入ってくる。

「お前は三浦さんと遊んでいたけど。なぁ?」

その言葉の時、私の中で指が曲がって身体がビクンと跳ねた。

「ぃや…ぁ」
「やめねぇよ。お前は俺のだ」

「正直、今日お前が三浦さんと一緒にいるんじゃないかと思って 仕事に集中できなかった」
「あ…ぁぁ…ぁ」
「ここに、一人でいてくれて、ありがとう」

直哉は私の顎を持って無理やり後ろを向かせて。
その言葉の後にキスをした。

「葵、俺の事好きって言え」
「す、すきぃ」

「直哉、大好きっ」

私の言ったその言葉に直哉が満足そうに笑った。


(これをもとに変換してもらいました)

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

岡山弁

「近頃忙しゅうてかもうてやらなんですまんなぁ~」

右手がゆっくりとうちの秘部に降りてゆきよーる。

「ん・・・・っっ」

水とはちごーたぬめりの中をゆっくりと中指がうちの中にへぇってきょーる。

「おめぇは三浦さんと遊びょーたみてーじゃけど。のぅ?」

その言葉の時、うちの中で指が曲がって身体がビクンと跳ねた。

「おえん…ょ」
「やめりゃーせんで。おめぇはわいんじゃけー」

「正直、今日おめぇが三浦さんとつれのーとんじゃねぇーかぁ思うて、仕事に集中できんかったわ」
「あ…ぁぁ…ぁ」
「こけー、一人でおってくれて、ありがとう」

直哉はうちの顎を持って無理やり後ろを向かせて。
その言葉の後にキスをした。

「葵、わいの事好きって言えや」
「す、すきじゃ」

「直哉、でぇれぇ好きじゃっ」

うちがゆーたその言葉に直哉が満足そうにわろうた。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

神戸弁

「最近忙しくて相手出来へんでごめんな」

右手がゆっくりと私の秘部に降りてくる

「ん・・・・っっ」

水とちゃうぬめりの中をゆっくりと中指が私の中に入ってくる

「お前は三浦さんと遊んどったけど。なぁ?」

その言葉の時、私の中で指が曲がって身体がビクンと跳ねてん。

「ぃや…ぁ」
「やめへんわ。お前は俺のんやし」

「今日な、正直お前が三浦さんと一緒におるんちゃうか?って思たら、仕事に集中なんか出来へんかった」
「あ…ぁぁ…ぁ」
「ここで一人でおってくれてありがとうな」

直哉は私の顎を持って無理やり後ろを向かせて。
その言葉の後にキスしてん。

「葵、俺の事好きって言うて」
「す、すきぃ」

「直哉、大好きやでっ」

私の言うたその言葉に直哉が満足そうにわろた

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

山形弁(置賜地方)

「こごんどご せわしねくて 構ってやらんにぇくて わりごどなぁ」

右手が ゆっくりど わだしのおぺぺさ おっでくる

「ん・・・・っっ」

水でんね ぬめりのながば ゆっくりど 中指がわだしのながさ へってくる

「おめは 三浦さんど 遊んでだっけげんど な?」

ほのこどばのどぎ 私わだしのながで指が曲がって 身体がビグンと跳ねだ

「やんだ・・・ぁ」
「やめねず。おめは 俺んなだ」

「正直、今日 おめが三浦さんど一緒にいるんでねぇがど思って しごどさ集中でぎねがったず」

「あ・・・ぁぁ・・・ぁ」
「こごさ 一人でいでけで おしょうしな」

直哉はわだしの顎ば たがって 無理やり うっしょば向がせで
ほのこどばのあどに キスばした

「葵、俺のごど 好ぎって言えず」
「す、すぎぃ」
「直哉、大好ぎだずぅ」

わだしの言った ほのごどばさ 直哉が満足そうに笑った

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

播州弁

「近頃忙しかって構ってやれへんかってごめん」

右手がゆうっくり私の秘部に降りてくる。

「ん・・・・っっ」

水やないぬめりの中をゆうっくり中指が私の中に入ってくる。

「お前は三浦さんと遊んどったけど、なぁ?」

その言葉の時、私の中で指が曲がって身体がビクンと跳ねた。

「あか…ん」
「やめへんし。お前は俺のんや」

「ホンマのとこ、今日お前が三浦さんと一緒におるんちゃうかと思うて 仕事に集中できんかった」
「あ…ぁぁ…ぁ」
「ここに、一人でおってくれて、ありがと」

直哉は私の顎を持って無理に後ろ向かせて。
その言葉の後でキスした。

「葵、俺の事好きやって言うて」
「す、すきぃ」

「直哉、めっちゃ好きや」

私が言うたその言葉に直哉が満足そうに笑うた。

*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜

山形弁(市内)

「この頃忙しくてよ~、かまてけらんなくてわれっけねなぁ」

右手がゆっくりと私の秘部さ降りでいぐ。

「ん…っっ」

水ではないぬめりの中ば、ゆっくりと中指が私の中さ入ってくる。

「お前は三浦さんと居たっけげどな、んだべ?」

その言葉の時、私の中で指が曲がて、身体がビクンって跳ねだ。

「いゃ……やんだずぅ…」
「やめね。お前は俺のものだべ!」

「ほんとは今日、お前が三浦さんと一緒に居るんでないべがと思って仕事さ集中でぎねっけずー」

「あ…ぁぁ…ぁ」

「ここさ一人居てくれでありがどさまな」

直哉は私の顎ば持って、無理やり後ろば向かせて、その言葉のあどからキスをした。

「葵。俺の事ば好きって言ってけろっ」
「す…好き…」

「直哉、大好きだずぅ」

私の言ったその言葉さ直哉が満足そうに笑った。
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2016-04-20 14:14 | ・恋人宣言 | Comments(0)