カテゴリ:・キスの花束を( 7 )

懸賞 懸賞

花火大会⑦

懸賞 2018年 09月 02日 懸賞

今年の花火大会はことごとく見逃した。

私が常務と出張だったり、ツカサが海外出張だったり。
お互いに出張が続いて、月の半分以上顔を合わせないことはよくあるけど
それがことごとく花火大会と重なった。

南米出張のツカサが帰ってくるなり
「明日の日曜日、紗江子さん休み?」
と、ネクタイを緩めながら聞いた。
「うん。明日は休める」
「良かった。なら実家に行こうか」
「うん。明日香達呼ぶ?」
「もう連絡した」

長期の出張で、久しぶりに見るツカサは日焼けしてさらにいい男になっていた。

「その顔で出勤したら、女の子たちがまた騒ぐね」
「ん?」
「いい男になっちゃって」

10年間、成長を見続けてきたひとりの男の顔をなでる。

「何?急に」
「ううん。イイ男に成長したなぁ~って」
「そりゃそーでしょ」
自信ありげにニヤッと笑った。
「紗江子さんの隣に並んでも見劣りしない男になるために、
それだけを考えて日々を過ごしてますから」
少しおチャラけていうその言葉は、実際にはすごく努力している証だ。

翌日、疲れを取って夕方近くに森川の実家に行けば
明日香と啓はすでに来ていて浴衣姿だった。

「わ!明日香可愛い!」
「紗江子ちゃんのもあるよ」
「え!」
「ツカサ君が、今年は紗江子ちゃんと花火大会に行きそびれたから、みんなでやろうって。
サプライズでしたいから悪いけど紗江子ちゃんの浴衣も用意してほしいって
昨日連絡してきたんだよ」

え・・・・

「俺には花火を買っとけって言いつけやがった」
「言いつけたなんて人聞き悪いな。兄貴」
「ま、いいけどね」

「兄貴も明日香さんもありがとう。紗江子さん着替えておいでよ。
手持ち花火だけど、みんなでやろう」

「あら、花火?いいじゃない」

森川のお義母さんたちも家から出てきた
「ツカサの案?」
「買ってきたのは俺ですけどね!」

いつものようにみんなで啓をいじって笑って。
みんなで花火をした。

「はい。これで最後。みんな1つづつ持って」

と啓がみんなに線香花火を渡した。

「今年は忙しくてごめん」
ツカサと二人並んでジーッと小さな音がする線香花火を眺めながらツカサがそう言った。

「ううん。みんなでする花火のほうが幸せ」

ツカサと結婚してよかった。

「ツカサ、だ~いすき」
「俺も。どんな花火よりもきれいな紗江子さんが大好き」

周りのみんなに聞こえないように小さく小さく愛をつぶやいた。

END****



[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2018-09-02 00:18 | ・キスの花束を | Comments(0)

けん制

懸賞 2015年 05月 17日 懸賞

今日の秘書課の噂話は「海外の森川さん」のことだ。
海外事業部の本部長が森川さんと一緒に南米に行って
契約をまとめるのに、彼の語学力と専門知識に感心したと
帰ってきてしきりに褒めるので秘書課の女性たちの噂話もいつも以上に花が咲いた。

「でも入社以来、一切飲みに行かないんですよね」
「同期では行ってるみたいよ」
「森川さんの同期って誰でしたっけ?」
「広報の加藤さんと、開発の金子さんよ」
「それは・・・揃いも揃ってイイ男ですね」

そんな声を後ろで聞いて。
話に加われば何かボロが出るかもしれないと、苦笑いしてやり過ごす。

そして、そんな私を見てさらに、すべてを知っている新田常務が苦笑いする。

「武田さんはこの三人のだれがタイプですか?」
「え・・・」
「海外の森川さんと広報の加藤さんと開発の金子さんですよ」
「あ・・ぁ」

この話には加わらないようにしていたのに
秘書課のみんなの目が答えを待ってきらきらしている・・・!

「森川さん・・・かな」

「ですよね~!」
「ええ~加藤さんも良くないですか?」
「金子さんもいいですよね」

そんな声にかき消され、常務が笑ったのをみんなは見逃してくれた。

そこに常務へ本部長の報告をもって秘書課にツカサが来た。

「森川さん!聞いてください。今森川さんの同期の話をしていたんですが
武田さんのタイプは森川さんですって!」
ちょっとっ!
「へ・・・ぇ」
「武田さんがタイプの人を言うのって珍しいんですよ」
「そうなんだ?光栄だな」
「・・・・」

「じゃぁ、今度二人で飲みに行きませんか?」

その言葉は、プライベートを明かさない森川さんの発言として
かなり衝撃的だったらしく。
あっという間に社内に広がった。

「もう。あんなことを言うなんて」
家に帰って二人で飲んでいるときに、思い出して軽く文句を言ったら。

「たまにはけん制かけとかないとね」
「けん制?」

「そう。俺が狙ってるんだぞオーラ」
「ええ~」

「常務、笑ってたわよ」
「だな」
「紗江子さんは海外の森川が誘っても乗らないって噂がたてば誘いも少なくなるだろ」
「ずいぶん自分に自信があるのね」
笑いながらそういえば

「そう思ってもらえるように頑張ってる。
少しでも秘書課の武田さんにふさわしい男としてみてもらえるように全力を尽くしてる。
これから先、二人の関係が何らかの形で明らかになった時に
不相応だと思われないための努力は惜しまない」

そう言ってまっすぐな目で私を見つめた。

「うん。ありがとう」

嬉しくなってにじんだ涙を見られないように
ギュッとツカサに抱き付いた。

END****
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2015-05-17 12:21 | ・キスの花束を | Comments(0)

新人の森川君

懸賞 2015年 04月 12日 懸賞

「兄貴」

新入社員の研修の合間に、社内図を頼りに
企画部まで来た。
小さく呼んだその声に反応してくれたからよかったものの
会社で「兄貴」は場違いだ。

「会社では、森川係長」
そう呼べって言っただろ。と苦笑いしながら俺を小突いた。

「浅岡さんってどの人?」

俺の言った言葉に兄貴は顔をしかめる。
「なんで?」
「理由は言いたくない」
「・・・・」

「お前がなんで浅岡さんを知ってるか知らないけど。
相手は部長だ。新入社員が話しかけられるような相手じゃない」
「・・・・」
「ここは会社だ、森川君」
「・・・・」

「お前が浅岡さんを見に来たと知ったら紗江子はどう思う?」
「・・・・」
「どこで知ったか知らないけど。お前は知らないふりしてろ」
「でも!」
「それが男ってもんだ」

「お前が浅岡さんを知ってるなんて絶対に紗江子に知られるな」
「・・・・」
「さ。新人研修に戻れよ」

「森川。例の書類だけど・・・って新卒か?」
「・・・はい」
「部長。今プリントアウトします。新卒の、森川です。弟なんです」
「あぁ、海外に配属予定の?うわさは聞いてるよ。
就職試験、ダントツだったんだってな?」

そう笑った顔はいやな男じゃなかった。

「頑張れよ。何かあったら言って来い」
そう言って部の中に帰って行った。

「あのな。紗江子とのことは男と女のことだ。
お前には関係ない。まして仕事に持ち込むな」

「これから社会人になって理不尽なことなんか山ほどあるさ。
人間的に良い奴が出世するわけじゃない。
嫌な奴が上司になることだってある。
でもそれが会社だ。お前ももう学生じゃない。
このまま研修に戻って頭を冷やせ」

「・・・すみませんでした」

兄貴の言うとおりだ。
俺の軽はずみな行動で
紗江子さんを悲しませるところだった。

仕事で見返せばいい。
頑張ろう。

俺はそのまま新人研修に戻った。


END***
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2015-04-12 14:28 | ・キスの花束を | Comments(0)

森川家

懸賞 2014年 09月 18日 懸賞

「あら。お兄様」

げ!今日は紗江子と司も実家に来てたのか・・・
調べてから来ればよかった。

「わ!紗江子ちゃん」

明日香は紗江子に会えて喜んでいるけど
2人は確か先週もランチをしたはずだ。

「体調はどう?」
「うん。順調」

司と紗江子の夫婦は子供が長い間できなかったので
やっとできた赤ちゃんを家族総出で喜んでいる。

「紗江子姉ちゃん!赤ちゃんいつ生まれるの?」
俺たちの息子も紗江子にデレデレだ。
大人げない司と紗江子をいつも取りあっている。

「それより司君。聞いたわよ?
海外事業部で南米を任されて担当責任者になるんですって?」

明日香は退職したのに俺より社の内情に詳しい時がある。
なぜだ?

「たまたま運が良かったんだよ。おれ、スペイン語が話せるし。
ちょうど良かったんだろ」
「でも凄いわよ。ツカサ。常務も褒めてたわよ」

紗江子も退職したはずなのに、なぜ常務が褒めていたと知ってるんだ?

「司は努力してるものね」

と、母さんが言うけど。
それって俺が努力してないってこと?

「お義母さん。啓だって努力してますよ」
明日香・・・!
さすが俺の奥さん!
明日香は俺のいいところを知ってるよな?
言ってやれ!言ってやれ!
皆に言ってやれ!

「そう。啓なりにね」
と、ニヤニヤした紗江子。

「そうよ!啓なりに頑張ってるわよ!」
と、うなづいた明日香。

「兄貴なりに・・・な」
と、苦笑いの司。

「そうねぇ。啓なりにね」
と、母さん・・・・

もう嫌。実家に来るの!!!!
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2014-09-18 09:36 | ・キスの花束を | Comments(0)

社内報②

懸賞 2014年 09月 08日 懸賞

「ちょ、ちょっと待ってください。
お二人は授かり婚ってことですか?」

そこで2人はまたも顔を見合わせる。

「俺たち。実は6年前に結婚しているんだ」
「はぁ?」
「会社は人事の上の方と常務にだけ報告してある」
「え?え?え?」

「俺たちは6年前から夫婦なんだ」
にっこり笑って言う森川さんは、私が前々回の社内報で
インタビューを受けた時と印象が違う。

子供っぽくて、この報告が嬉しくてたまらないというのを
隠しもしない。

「山口さん。俺がインタビュー受けた時に『貸し1』って言ったの覚えてる?」
「はい」
「その『貸し』をこの記事で返してくれるかな?
広報部の山口さんの腕で紗江子さんがいやな印象を受けないように
上手く記事にしてほしいんだ」

そんな風に笑う森川さんはこの部屋に入ってきてから
ずっと武田さんの手を握って離さない。

「お付き合いとか同棲ではなくご結婚されている。で間違いないですか?」

信じられなくてもう一度確かめる。

「付き合いならもう11年だよ」

森川さんは金子さんと同期のはずだから・・・
11年前と言うと・・・・
森川さん、高校生!?

だから!だから森川さんはプライベートがノーコメントだったんだ!

「このまま退職すれば、わざわざ公表することはないんじゃない?
って森川に言ったんだけど」
「絶対だめ!紗江子さんが俺の奥さんだって公表する!」

いつもはスマートな森川さんの必死な感じの発言にビックリした。

「森川紗江子として退職してほしい」
「こんな風に言うもんだから。お手間を取らせてごめんなさいね」

単純に計算して10か11歳の年の差・・・
凄い!
森川さん凄すぎる!
そして全然不自然じゃない!
森川さんを選んだ武田さんも凄い!

「是非!是非あの時の『借り』を返させてください!」

私は嬉しくなって2人のインタビューをした。
2人の微笑ましい写真も上手く撮れた。

その社内報が出て、それこそ大スキャンダルのように
本社は大騒ぎになった。そして次の週に武田さんはにこやかに退職していった。
森川さんは武田さんファンの先輩方からいつまでも質問攻めにあっていて
それもまんざらじゃないようだ。

加藤さんは同期で仲がいいから知っていたのかもしれない。
社内報を穏やかに笑いながら見ていた。

金子さんも知っていたんだろう。
金曜日、社内報発行の日にちょうど本社に来ていて
一緒に社食を食べながら
「本当に良かったよ。
真樹。いい記事にしてくれてありがとう」
と社内報を見てつぶやいた。

同期って良いな。

初めて『社内報も良いもんじゃん』

そんな風に思えた昼下がりだった。


END****
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2014-09-08 10:00 | ・キスの花束を | Comments(8)

社内報①

懸賞 2014年 09月 07日 懸賞

「山口!次の社内報の『退職する社員』の担当、やって」

柳下さんにそう言われた時はなんで?と思った。
社内報は広報部員が順番に柳下さんのアシスタントをするもので
私の番はまだまだだと思っていたからだ。

「前々回、私やりましたけど」

少し嫌味っぽくそう言えば
「『退職する社員』だけ。向こうがお前をご指名なんだよ」
という。

退職する社員は勤続10年以上で退職する人に希望制でインタビューを載せるのだけど
そもそも定年退職以外でインタビューを受けたいという人は
めったにいないからほとんどが定年のお疲れ様記事になる。

「え~。誰ですか?」
「まだ公発表になってないから、口外するなよ?」
しませんよ。柳下さんじゃあるまいし・・・
「秘書課の武田さんだ」

えっっ!
「常務秘書の武田さんですか?」
「そ。驚きだろ?退社理由は俺も知らないんだ。
とにかく武田さんがお前を指名してきた」
「私、面識ないですよ?」
「そうか。なんでだろうな?」

いかにも本当は俺がインタビューしたかったんだ!
という雰囲気を隠しもしない柳下さんだけど
残念だね。私をご指名らしい。

「もし、田舎に帰って見合いするとかだったら、すぐに俺呼んで?
俺が幸せにしますって言うから!」
「はいはい・・・」

私は指定された時間に
第1会議室に行くことにした。

第1会議室はめったに使われない会議室で
椅子ではなくソファーだ。
会議や商談には向いていない作りで
役付きのお客様用が主な使用目的なんだけど・・・

本当に第1で合ってるよね?

「失礼します・・・」
そう言って入った会議室にはすでに武田さんが来ていた。
相変わらずお美しい。
噂では40歳になるというのに
この美しさは全然30代前半でOKだ。

「時間指定までしてしまってごめんなさいね」

優しく笑う武田さんはいい匂いがした。

その時
「遅れてごめん」
と海外事業部の森川さんが会議室に滑り込んできた。
「森川さん?」

武田さんを見てにっこり笑った森川さんは
武田さんの隣に座った。
私は訳が分からず「?」の顔をしていると

「第1を予約したけどソファーで辛くない?」
なんて森川さんは武田さんを気遣った。

武田さんは大丈夫。と笑顔で答えてから私に向きなおって
「来月、退職する予定なの」 と言った。
「はい。退職理由は伺ってもよろしいですか?」
そこで2人が顔を見合わせた。
まさか!寿退職!
森川さんと武田さんの結婚?

そんな風にビックリしていたらさらに驚く事を言いだした。
「ふふ。この年で恥ずかしいのだけど。
赤ちゃんを授かったの。育児休暇を取ろうか悩んだんだけど。
私、この年まで仕事はメいっぱいさせてもらったわ。
これからは赤ちゃんにその時間をあげようと思って」

と、優しく笑った。

「何言ってるんだよ。紗江子さんは妊娠して恥ずかしい年なんかじゃないだろ!」
「でももう。40だもの」
「いくつになっても綺麗だよ」

と、目の前の二人は今にもキスをしそうな勢いだ。
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2014-09-07 10:00 | ・キスの花束を | Comments(0)

司の計画

懸賞 2013年 10月 23日 懸賞

私は11歳離れている司の高校での部活の引退試合を見に来た。
はっきり言ってラグビーの知識なんか全くない。
もっと白状すればアメフトとの違いも分からない・・・・

ごめん。司。こんな彼女で。

でもまぁ、彼の引退試合だからって気楽に来たのはいいけれど
何これ?

うん。まぁ司の学校は共学だし。
大学の付属校でほとんどがそのまま上に行くから
男女ともお気楽だし。

でも・・・・
司!騒がれすぎでしょ!!!

試合が始まって女の子の黄色い声にビックリし
ハーフタイムに女の子が騒ぎ
試合が終わって出口に女の子が群がってた・・・・

試合はそっちのけで女の子の観察しちゃったよ。
すげー・・・
今時の高校生、積極的!

一緒に帰る約束をしていて
出口で待っていたのに、なかなか解放されない司にため息をついていたら携帯が震えた。

「はい」
「休日に悪い。パンフにミスプリが見つかった。今から来れるか?」

不倫していた課長から電話が入った。
標示が会社の電話番号だったから普通に出ちゃった。
ま、仕事の話だけど。

女の子に囲まれている司を横目で見て
こりゃだめだ。と苦笑いをした。

「いけます」

そう答えて会話を切ると司に会社に行くとメールをした。
今声をかけて、女の子に
「何このおばさん」とでも言われたら
仕事できなくなっちゃう・・・・
私って乙女じゃん♪
なんて思いながら職場に急いだ。


*******

5000部のミスプリを上から糊づけする地味~な作業をして
家に着いたのは22時も過ぎていた。

疲れた・・・・

「紗江子さん」
司が家のドアの前でしゃがんでいた。

「どうしたの?祝勝会終わったの?」
引退試合の後、勝っても負けても祝勝会だと言っていて私はそれに誘われていた。

「行かなかった・・・・」

プイッと顔をそむけ、すねている司はめっちゃ可愛い♪

「なんで?せっかく勝ったのに」
「紗江子さん来ないから」
「え!理由はメールしたでしょう?」
「うん・・・・」
「たくさん女の子いたじゃない」
「ヤキモチ妬いた?」

・・・・・

う~ん。
正直、妬かなかった。
だって女の子に圧倒されちゃったし。
11歳も下の女の子にヤキモチ妬いても・・・・

「妬かなかったんだ」
「・・・・」

「俺の計画はね?
女の子に囲まれている俺を見て紗江子さんがヤキモチを妬く。
なだめて、祝勝会に行く。
俺の彼女だってみんなに紹介する。
みんながキレ―だって俺を羨ましがる。
だったのに・・・・」

え・・・・
すごく細かい計画ですね。

「ヤキモチも妬かない。友達にも紹介できない。サイアク」
「ごめんね。課長に呼ばれちゃって」

「・・・・課長って・・・紗江子さんの元カレの?」

しまった・・・・

「ずるいよ。俺ばっかりいつもいつもヤキモチ妬いてさ」

「司。友達には今度紹介して?
私、1番綺麗なカッコしていく!司が羨ましがられるように」

「紗江子さんはいつも1番綺麗だよ」
そんなことをさらりと言うのに顔は真っ赤な司。

「ふふふ。ありがと。さ。中に入ろうか?寒かったでしょ」
「ん。寒かった」
「二人で祝勝会しよう」

「ベッドの中で?」

司はチュッと音を立てて私にキスをした。



END****
[PR]

by ichigo-ichigo205 | 2013-10-23 10:48 | ・キスの花束を | Comments(0)